企業情報

木と人のよりよい関係を見つめて。木の優しさをそのままに、より強く。木の暖かさをそのままに、より美しく。さらに、「木」特有の欠点を無くした理想の木材、「集成材」。木がもたらす心のやすらぎと快適な暮らしへの要求を同時に満たす新しい木材。私たち菊地合板木工は、和室集成材No.1企業を目指し、前進し続けております。
本社工場 外観

社長挨拶 代表取締役 菊地 成一

弊社は秋田県の中央部に位置し、三大美林の一つである秋田杉の製材、
加工と和室向け化粧貼り集成材、建具等の製造品目で事業を行っております。
地球環境に優しい唯一の再生可能資源である木材を利用し、
地元秋田県の地域発展の為にも貢献したいと考えております。
生産拠点は本社と中国に持ち、価格競争力のある製品を製造し、
関東にある販売拠点を利用し、東日本を中心に販売いたしております。
今後共宜しくお願い申し上げます。

会社概要

創業 昭和24年8月
設立 昭和35年12月16日
代表者 代表取締役 社長 菊地 成一
本社 〒018-1711
秋田県南秋田郡五城目町高崎字里下82-3
TEL:018-852-4105
FAX:018-852-4991
資本金 6,000万円
工場敷地面積 35,888m2
事業内容 造作用集成材一般
(和室造作材、和室建具、和室天井材)製造、羽目板、手摺、階段、フローリング、クローク等販売
従業員数 本社工場62名
海外事務所11名/海外工場86名
特許等 和室用戸枠(特許第3204647号)
化粧ばり造作用集成材
(農林省指令46農協C第4059号)
化粧ばり構造用集成材
(農林水産省指令54食流第3248号)
焼き焦げ化粧木材
(実用新案登録第3186908号)
組立て和室
(実用新案登録第3203306号)
組立て和室
(意匠登録第1549432号)

沿  革

昭和29年 株式会社菊地製材所内に合板部を設け張天井材の製造を開始。
昭和35年 事業の発展に伴い分離独立、菊地合板木工株式会社として創立。
資本金200万円。初代社長に菊地庄七就任。
昭和42年 集成材の生産を開始。
昭和45年 ラミネート天井版の生産を開始。
昭和46年 化粧ばり造作用集成材工場のJAS認定を受ける。
昭和50年 数次の増資を経て資本金1,800万円とする。
昭和51年 特殊合板天然杢化粧合板工場のJAS認定を受ける。
昭和54年 化粧ばり構造用集成材工場のJAS認定を受ける。
昭和56年 集成材工場の設備増強と特撰長押の量産を開始。
昭和57年 木材第一種防虫処理工場のJAS認定を受ける。
昭和62年 前専務の菊地成一が代表取締役に就任。
平成2年 管理棟(事務所・休憩室・食堂他)鉄骨2階建
延面積1,120㎡竣工。
平成9年 集成材工場の設備ライン化及び特注集成材生産設備の増強を実施。
平成11年 数次の増資を経て資本金6,000万円とする。
平成18年 中国山東省青島市に青島事務所を開設。
平成23年 東京営業所と北関東営業所を統合し、埼玉県久喜市に東京営業所を開設。